学習塾の買取について

学習塾M&Aについて

学習塾に限らず、事業を撤退する際にはテナントの原状回復などでコストがかかります。
事業を撤退する場合のデメリット
?テナントの現状回復などでコストがかかる
?塾がなくなることで生徒に迷惑がかかる
?従業員を解雇し、路頭に迷わすことになる

しかし、事業を撤退するのではなくそのまま事業譲渡することができれば、原状回復コストなど余分な費用はかかりません。
学習塾が継続されるため、在籍している塾生へかかる迷惑は最小限に抑えられます。
また従業員を引き継ぐ場合、解雇せず従業員とその家族も救われます。


教室を閉めてしまう前に一度ご相談ください。


※2012年9月13日追記

毎年1月〜3月に撤退のご相談が増加します。

●月末で塾を閉鎖するのですがなんとかなりませんか?
●3月末で塾を閉鎖するのですが何とかなりませんか?

というご相談が多くなります。


できるだけ早い段階でご相談いただければ生徒さんを他の塾さんに引き継いだり、塾の名前を残して継続するなどの可能性も広がります。これから起業する方に引き継いでもらえる可能性もあります。


塾の撤退が決まったらなるべく早くご相談いただけるといろいろな可能性が残っています。







お問合せフォーム

SIDE MENU

UGIリンク集

採用情報

お問い合わせ

■お問い合わせはフォームよりお願いいたします。
現在多くのお問い合わせを頂いております。
最初のご連絡はこちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。
お問い合わせフォーム

日々研鑽

Address

■UGI本社
〒665-0842
兵庫県宝塚市川面6丁目14-15 UGIビル1F・2F
電話番号:0797-78-8236

■UGI京都
〒606-8236
京都市左京区田中大久保町31-4 UGIビル3F・4F
電話番号:075-200-2677 /